甲状腺 大きい 症状なし

甲状腺が大きい人でも症状なしと言われることがある

病院の健康診断で甲状腺が大きいと医師から診断されても症状なしと言われることがあるようで、甲状腺にも大きい小さいなどの個人差もあるためにそのような診断結果になる場合があるようです。
しかしながら、症状なしと思っても病気の場合もあるので油断せずに、ホルモンを分泌する器官で骨や筋肉から神経にも作用しているために、この甲状腺が大きく腫れてしまうとホルモンの分泌が正常に行われなくなり健康を害してしまうのです。
日常生活で甲状腺が大きいや腫れていることは分からず症状なしや、体の不調があっても疲れているだけと思ったり、他の原因があるのだろうと思ってしまいがちですが、女性の場合は更年期障害と同じような症状が出るために、産婦人科で診断を行うと大きいことや腫れが診断されずに、甲状腺は症状なしという判断が行われていしまいますので、もしも産婦人科などを受診して症状なしと判断されたら、甲状腺の大きいことや腫れを疑い病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

 甲状腺が元から大きい人や症状なしの人たちも居ますが、20〜30代の女性はバセドウ病という甲状腺ホルモンの分泌が過剰になってしまい、代謝が以上に促進されることにより大量の汗が出て、運動をしていないのに動機が起こったり脈が速くなってしまったり、イライラなどの精神的なことにも影響が出てしまいます。
バセドウ病は更年期障害のような症状が出るために産婦人科で受診した場合に症状なしと言われしまいます。
さらに橋本病という病気があり、症状としては代謝や臓器の働きが弱まってしまうことにより、気分が落ち込んでしまったりやる気がでないや、抜け毛が増えたり素早く動くことが出来ないなどの症状が現れます。
どちらの病気も20〜30代の若い女性に多くなっていて、分からずに生活を送っている方も多いと思いますが、甲状腺は腫れて大きい場合は見た目にも触っても分かるほどの状態の場合もあるので、喉元に異常を感じたら病気を疑ってみましょう。