甲状腺 押すと痛い 原因

甲状腺を押すと痛い原因や対処などについて

男性が声変わりすると、喉仏に変化が起こります。
日常生活の中で喉仏を押すと痛い場合の原因は、甲状腺が関係していることが少なくありません。
甲状腺が原因として関係するのは、喉仏の下に甲状腺が存在するからです。
喉仏を触ると、違和感を感じる場合があります。
また、腫瘍があっても押すと痛いです。
風邪を引いたときに急性の症状として喉が痛くなりますが、何も心当たりがないのに喉の様子がおかしい場合は腫瘍の発生が原因として考えられます。
常に押すと痛いというわけではないですが、甲状腺がんの場合には押すと痛い状態になります。
腫瘍から痛みが起きているというわけではありませんが、リンパ節が腫れると押すと痛い場合が多いです。
甲状腺を押すと痛いのは、体内で異変が起きていることが原因として考えられます。
喉や甲状腺に異常がない場合は、筋膜や筋に異常が発生していることが原因である場合もあります。
このときは、首の付け根辺りを押すと痛いことがあります。

スポンサーリンク

筋膜や筋肉に異常が起こっている場合は、病院で血液検査やCT検査を受けても異常が見つかりません。
痛みの他には、疲れや頭痛を感じます。
このような症状は、30代から50代の女性に多いです。
しこりは、それほど目立ちません。
天候などによって、傷む場所が変わります。
喉を押すと痛い場合は、リンパ節炎の可能性もあります。
このように慢性的な痛みがあっても、甲状腺の検査で異常がない場合があります。
一方、甲状腺が腫れた場合にも適切に対処する必要があります。
症状が出た場合は、可能な限り患部を冷やさないようにして回復を待つことが大切です。
風邪が原因の場合もありますが、症状が1ヶ月以上続くときは甲状腺炎などが原因の場合があります。
リンパ節が腫れている場合、がんが原因の可能性もあります。
よって異常を感じた場合には大きな病気が隠れているかもしれないので、自分で対処してはいけません。
異変を感じた段階で病院を受診し、血液検査などで原因を特定してもらうことが大切です。