甲状腺 腫れ チェック

甲状腺の腫れのチェック方法

甲状腺の異常は女性に多いと考えられています。
具体的にはどのような病気が関係しているのかというと、橋本病やバセドウ病や甲状腺腫用などが原因と考えられています。
このほかに甲状腺の腫れはストレスが関係していることもあります。
甲状腺の異常や腫れを感じたときには、病院を受診するということが必要になりますが、その前に自分でチェックする方法もあります。
セルフチェックの方法は次のようになっています。
甲状腺というのは、喉の下の周辺にあります。
甲状腺が腫れる原因はさまざまとなっていますが、鏡を見ただけではわかりにくいという特徴があります。
したがってセルフチェックが大切になります。
セルフチェック方法は、まず上を向いてつばを飲み込みます。
ここで甲状腺が上下に動くのを確認します。
目で見たときに甲状腺が上下に大きく動くようであれば、腫れている可能性が高くなります。
ここでのポイントは、喉仏の下に手を添えてつばを飲み込むと、動きをしっかりと確認することができます。

スポンサーリンク

普段とは異なる異常がある場合には、かかりつけの病院を受診するようにします。
甲状腺が腫れているかどうかに関してはこのように自分でチェックをすることができます。
新陳代謝が衰えて元気がなくなったり疲れやすくなる、悪寒がしたりむくみが発生しやすくなったり便秘がちなるというような症状があるかもチェックすることが大切です。
日常生活の中で体の異変をチェックすることで腫れているかどうかの判断につながります。
喉の周辺が腫れるという症状は女性に多くなっています。
このほかに見られる症状としてはコレステロール値が高いと言うことがあります。
喉の周辺が腫れているという病気には橋本病やバセドウ病や腫瘍が考えられています。
これらはあまり痛みがありません。
自覚症状がないことが多いので、日頃から定期的に健診を受けることが大切になります。
また予防方法としてストレスをため込まないと言うことが大切です。
生活習慣を見直すことで正常に保つことができます。